きつき大茶会

スクロール

お茶を通してきつきに出会う

杵築市で、お茶を通した出会いの場をつくることで、文化やコミュニティが混ざり合い、

市内、市外にかかわらず来場者や出店者が改めて

杵築の恵みに気付くことができるような流れを創りだすことを目指します。

きつき大茶会
開催日
2018年10月20日(土)・21日(日)
開催場所
大分県杵築市内 城下町一帯

第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会は、豊臣秀吉が開いた北野大茶会のように子どもからお年寄りまで、障がいのある方もない方も、誰もが参加し楽しむことができるようにという想いを込めて「おおいた大茶会」というテーマを掲げています。杵築市では、おおいた大茶会のコンセプトを体現すべく、古今東西の喫茶を感じさせるマーケットとお茶会を中心にしたイベントを開催します。

また、当日夜には城下町に行灯が灯る、情緒豊かな夜の祭典『観月祭』も開催されます。

イベント

  • 茶々茶マーケット

    「古今東西の茶文化」をテーマに、飲むこと、食べること、選ぶことなどを、体験、体感できるマーケットを開催します。様々な種類のお茶や飲み物、お茶にあう焼菓子やパンなどの食べ物、お茶にまつわる道具(雑貨)などを販売します。

    日本のお茶の始まりと言われる九州。中でも杵築は茶産地として栄え、お茶の文化が街に根付いています。古より続くお茶の時間をいっしょに楽しみましょう。

    ※出店者情報は決まり次第随時更新していきます

  • ライブパフォーマンス
    心地よい時間を過ごして頂くため、アコースティックな音楽ライブなどをお届けします。 子どもも大人も一緒に城下町を練り歩く、ちんどん屋もやってきます
  • ワークショップ、トーク等
    お茶にまつわるワークショップやテイスティングを通して、杵築市に根付く茶文化と 地域の持つ魅力を体感してもらうことができます。より深くお茶を知るための トークイベントも開催し、充実した時間を楽しんでいただけます。
  • その他のイベント

    ・お茶会

    観月祭とあわせて、ゆっくりとお茶の時間をお楽しみくださいませ。きつき紅茶や台湾茶など秋にふさわしいお茶と、季節のお菓子をご用意してお待ちしております。杵築市内に伝わるお茶文化と県外のアーティストのコラボによるお茶会なども開催します。

    ・落語会

    大分県で活躍する2人の落語家をお呼びし、きつき大茶会オリジナルの落語を作っていただきます。秋色の広がる青空の下、1日限りの落語を披露していただきます。

茶々茶マーケット

「古今東西の茶文化」をテーマに、飲むこと、食べること、選ぶことなどを、体験、体感できるマーケットを開催します。様々な種類のお茶や飲み物、お茶にあう焼菓子やパンなどの食べ物、お茶にまつわる道具(雑貨)などを販売します。日本のお茶の始まりと言われる九州。中でも杵築は茶産地として栄え、古より続くお茶の時間をいっしょに楽しみましょう。

出店者情報は決まり次第随時更新していきます

アクセス

【開催場所】大分県杵築市内 城下町一帯
  • 飛行機をご利用の場合
    大分空港からバスで約25分
  • 電車をご利用の場合

    JR小倉駅→JR杵築駅(日豊本線・特急)で60分

    JR別府駅→JR杵築駅 30分

  • お車をご利用の場合
    杵築ICからお車で約10分
  • フェリーをご利用の場合

    大阪コスモフェリーターミナル→別府観光港

    からバス・車で30分

  • JR杵築駅から

    バスをご利用の場合 JR杵築駅→新道経由「酢屋の坂」

    タクシーをご利用の場合 JR杵築駅→「酢屋の坂」

    シャトルバスを用意する予定です。詳細は後日お知らせいたします。

お問い合わせ

杵築市教育委員会 文化・スポーツ振興課
TEL 0978-63-5558